急性リンパ性白血病とサヨナラしたい‼

2017年PH陽性(フィラデルフィア陽性)急性リンパ性白血病と診断され2018年11月に骨髄移植をしました


スポンサーリンク


↑↑メニューバーです。横にスライドしてカテゴリーを選んで下さい

私のブログにお越し下さりありがとうございます!

みっふぃかかと申します🐰

ブログにお越し下さりありがとうございます😃

 

  1. 2017年8月に悪性リンパ腫と診断
  2. 同年11月PH陽性急性リンパ性白血病と診断が変わる
  3. 診断が変わって治療に前向きになれず入院治療をやめ「死」を決意
  4. その後再発し治療をやり直し移植
  5. 現在は退院し家で生活

 

上記の記事はカテゴリー別に書いています

1~3はカテゴリー「治療に後向きの頃」

治療に後向きの頃 カテゴリーの記事一覧 - 急性リンパ性白血病とサヨナラしたい‼

 

はカテゴリー  「治療をやめて再発」

治療をやめて再発 カテゴリーの記事一覧 - 急性リンパ性白血病とサヨナラしたい‼

 

におきましては「それぞれのカテゴリー」を上記にあります

f:id:gonengomogenki:20191106140908j:plain

メニューバーより選んで下さい      

 

「day○○日」の表示について

記事のタイトルにある「day○○日」は「移植日をday0」としてカウントしています📅

この数字が増えているのは生きている証ですo(^o^)o

 

骨の中にできた腫瘍型の白血病

私の病名は「PH陽性急性リンパ性白血病ですが少し特殊です。

f:id:gonengomogenki:20191106114238j:plain

この写真は再発後の4クールの抗癌剤治療が終わり移植前の一時退院で撮影したものです。

マルク(骨髄穿刺)ではBCR-ABL(癌細胞)が陰性でしたが、PET-CT検査では陽性(光っていた)でした。

 

その後何度かPET-CTやMRを撮り、現在も股関節の骨の部分に関してはPET検査結果は陽性のままです。

f:id:gonengomogenki:20191106121301j:plain

現在、主治医はこの結果について「2017年8月に生検手術を行った部位なので関節の炎症等で光っている可能性が高い」という事で経過観察が続いています。

 

 

 

 

 

 

ドナーさんへの手紙(day349)

ドナーさんへ2通目の手紙

先日ドナーさんへ2通目の手紙を書きました💌

f:id:gonengomogenki:20191111155452j:image

骨髄バンクの決まりでドナーさんと患者は直接連絡をとる事ができませんので、手紙だけが唯一の接点になります😉

f:id:gonengomogenki:20191111154836j:image

骨髄バンクでは手紙の送付に決まりがあります⚠

・患者の個人情報や入院中の病院情報は書かない

・患者の性別、年代、近畿地区等の居住地は書いてよい

・手紙の取り次ぎは移植後1年以内、2回まで

 

1通目の手紙

1通目の手紙は移植当日に主人にポストに投函してもらいました📪

病棟の看護士さんでコーディネーターでもある方のアドバイスで、移植後はドナーさんに手紙を書きたい気持ちがあっても体調で書けない場合が多いので、もしお手紙を出したい気持ちがあるなら、移植前に書く事をおすすめしますと教えてもらいました(^-^)

 

私は1通目の手紙を移植前の一時退院の時に家で書きました。

移植後に私がどうなっても、提供して頂いたお礼をどうしても伝えたかったからです💌

 

またこうして2通目の手紙を書ける時が来たことに感謝し、「day○日」を積み重ねて行きたいです(^-^*)

 

 

プライバシーポリシー・お問い合わせ